>  > ヴァーテックワン アインス1 1本販売 ホイール ギャランフォルティス/スポーツバック【18×7J 5-114 INSET50】CX4A/CY4A MANARAY SPORT VERTEC ONE Eins.1 マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】

« 内モンゴル上都遺跡旅行(皇城東南角~明徳門~皇城西南角) | トップページ | 内モンゴル上都遺跡旅行(皇城西北角、乾元寺、西华门) »

ホイール ONE 1本販売 マナレイスポーツ アインス1 MiD 単品【店頭受取対応商品】 Eins.1 1本販売 5-114 VERTEC MANARAY ONE 1枚 SPORT ギャランフォルティス/スポーツバック【18×7J INSET50】CX4A/CY4A アルミホイール ヴァーテックワン

城壁の上を北に歩く。
皇城内に八思巴帝師寺の跡地石碑を発見 42°21'8.31"N116°10'43.55"E。

八思巴(パスパ)はフビライ・ハーンから招聘されたチベット仏教の座主で、文化・宗教政策に関する帝国の顧問だった。
帝師の尊称を与えられた。

「バクシ(ラマ僧)はまた多数の寺院・僧院を有しており、その中には教派を同じくする二千人以上の僧侶をも収容し、その規模はさながら小都会のごとき広大なものもある。
これらの僧侶は庶民に比べるとずっとこざっぱりした服装をしており、頭髪と髭を全部そり落としている。
彼らは灯明を煌々と点じ梵歌を声高々と誦して、その奉ずるもろもろの偶像のために以上のような勤行儀式を執行する。
これらバクシたちの中には、教義上その妻帯が認められている者があって、彼らだけは現にそのとおり妻を娶り多数の子供を持っている。」(東方見聞録)

さらに城壁の上を北に歩く。
小西門に着いた。
他の門と同様、二重構造になっている 42°21'11.70"N116°10'34.87"E。

尚、小西門の近くの皇城内には、回回寺 42°21'14.25"N116°10'43.96"E、回回司天台 42°21'18.00"N116°10'38.33"Eがあった。
たぶん回は回教(イスラム教)を意味するのだろう。
そうであれば回回寺はイスラムのモスク 、回回司天台はイスラム学者が運営する天文台だと思われる。
このように、城内にはさまざまな宗教の寺院があったと思われる。

外城西側の風景。
夕日を浴びて草原が輝きだし、黄金色に変わっていった。
まさに桃源郷(ザナドゥ)にいる思いだった。
あまりに心地よい眺めだったので、「すばらしい!」と大声で叫んでしまった。

そもそも上都の名を不滅のものにしたザナドゥという名前は、19世紀のイギリスの詩人、コールリッジが「フビライ・ハーン」という詩の中で使ったものだ。
コールリッジが東方見聞録の上都の話を読んだあと、うたた寝した夢の中で現れた上都のすばらしい光景の印象を詩に書きとめたものだ。

上都に壮麗なる高楼を建設すべくフビライ・ハンは命を下す。
聖なる川アルフは洞穴をくぐり、人には測ること能わぬ地底(ちぞこ)の
陽の光届かぬ海に注ぎ入るなり。
かくて十マイルの肥沃の土地は城壁と見張の塔にて囲まれ
曲折する数々の細流に輝く庭に香り高き木々の花開く
ここにまた山岳とともに生まれたる太古の森の茂みの下
木もれ陽の点々と地にたわむれてあり

模型での外城西側。

城壁の上を北に歩く。
西門に着いた 42°21'30.94"N116°10'34.62"E。

さらに城壁の上を北に歩く。
ようやく皇城の西北角に着いた 42°21'43.67"N116°10'35.98"E。
画像は東に伸びる皇城の北辺の城壁。

模型での八思巴帝師寺、小西門、回回寺、回回司天台、西門、皇城北辺の城壁(画像左側)。

※引用・参考文献は旅行日記の最後に記述します。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-49836