>  > マナレイ ユーロスピードV25 1本販売 ホイール RC200t/300/350【18×7.5J 5-114 INSET38】10系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】

マナレイ ユーロスピードV25 1本販売 ホイール RC200t/300/350【18×7.5J 5-114 INSET38】10系 【バイク用品】 MANARAY SPORT EuroSpeed センターコンソール有/カラー:チェックホワイト マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】

画像アップローダー付きのwysiwygエディタの導入メモ

CLEditorとCKFinderをダウンロード

まずはwysiwygエディタとして有名なZ4 E89 アイライン【シルキーシャークプロジェクト】BMW Z4 E89 アイライン Type1 FRP未塗装・黒ゲルコート仕上げをダウンロード 。
Standard packegeがおすすめ KYB(カヤバ) New SR SPECIAL リア[R] ランサー/ミラージュ(CT9A) GSRエボリューション7、RSエボリューション7 NSF9120。

画像アップローダーを付けるには、CKEditorの他にCKFinderも必要。
※CKFinderのサイトのレイアウト崩れがすごーく気になるけど、「Get free trial」からダウンロードできます。

ディレクトリ

/ckeditor・・・ダウンロードしたCKEditorを展開したもの
/ckfinder・・・ダウンロードしたCKFinderを展開したもの
edit.php・・・wysiwygエディタを設置するページ
/uploads・・・アップロードした画像ファイルを格納するディレクトリ
view.php・・・投稿されたデータを表示するページ

CKFinderの設定

/ckfinder/config.phpを編集

> 33行目

function CheckAuthentication()
{
//return false;
return true;
}

return true; を return false; に変更。

> 63行目

//$baseUrl = '/ckfinder/userfiles/';
$baseUrl = '/uploads/';

アップロードした画像ファイルを格納しておくディレクトリを指定する。
パスはルートディレクトリから指定しないとうまくいかないので注意。

wysiwygエディタを設置するページの作成(edit.php)

エディタ部

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>wysiwyg sample</title>
</head>
<body>
<form action="edit.php" method="post">
<textarea id="editor1" name="editor1" rows="10" cols="80"></textarea>
<p><input type="submit" value="Submit"></p>
</form>
<script type="text/javascript" src="./ckeditor/ckeditor.js"></script>
<script type="text/javascript" src="./ckfinder/ckfinder.js"></script>
<script type="text/javascript">
if ( typeof CKEDITOR == 'undefined' )
{
}
else
{
var editor = CKEDITOR.replace( 'editor1' );
editor.setData( '' );
CKFinder.setupCKEditor( editor, './ckfinder/' ) ;
}
</script>
</body>
</html>

赤て囲んだところが画像アップロードボタン [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド レーシングN+ フロント用 フォルクスワーゲン ゴルフV GTI/GTX 1KAXX 04/06~ 本州は送料無料 北海道は送料500円(税別) 沖縄・離島は送料1000円(税別) エスペリア オーリス ZRE186H スプリング ダウンサス リア EST-964R スーパーダウンサス Super DOWNSUS ESPELIR。

制御部

データを保存するデータベーステーブルの構造は以下

--
-- データベース: `wysiwyg`
--
-- --------------------------------------------------------
--
-- テーブルの構造 `posts`
--
CREATE TABLE IF NOT EXISTS `posts` (
 `id` bigint(20) unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
 `editor` longtext CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci NOT NULL,
 KEY `id` (`id`)
) ENGINE=MyISAM ;
<?php
$url = "localhost";
$user = "root";
$pass = "root";
$db = "wysiwyg";
if (!empty(





EuroSpeed INSET38】10系 MiD EuroSpeed MANARAY マナレイ 単品【店頭受取対応商品】 5-114 ユーロスピードV25 1本販売 アルミホイール SPORT 1枚 RC200t/300/350【18×7.5J マナレイスポーツ ホイール INSET38】10系









 









wysiwygエディタの導入メモ CKEditor + CKFinder

画像アップローダー付きのwysiwygエディタの導入メモ

CLEditorとCKFinderをダウンロード

まずはwysiwygエディタとして有名なCKEditorをダウンロード。
Standard packegeがおすすめ。

画像アップローダーを付けるには、CKEditorの他にCKFinderも必要。
※CKFinderのサイトのレイアウト崩れがすごーく気になるけど、「Get free trial」からダウンロードできます。

ディレクトリ

/ckeditor・・・ダウンロードしたCKEditorを展開したもの
/ckfinder・・・ダウンロードしたCKFinderを展開したもの
edit.php・・・wysiwygエディタを設置するページ
/uploads・・・アップロードした画像ファイルを格納するディレクトリ
view.php・・・投稿されたデータを表示するページ

CKFinderの設定

/ckfinder/config.phpを編集

> 33行目

function CheckAuthentication()
{
//return false;
return true;
}

return true; を return false; に変更。

> 63行目

//$baseUrl = '/ckfinder/userfiles/';
$baseUrl = '/uploads/';

アップロードした画像ファイルを格納しておくディレクトリを指定する。
パスはルートディレクトリから指定しないとうまくいかないので注意。

wysiwygエディタを設置するページの作成(edit.php)

エディタ部

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>wysiwyg sample</title>
</head>
<body>
<form action="edit.php" method="post">
<textarea id="editor1" name="editor1" rows="10" cols="80"></textarea>
<p><input type="submit" value="Submit"></p>
</form>
<script type="text/javascript" src="./ckeditor/ckeditor.js"></script>
<script type="text/javascript" src="./ckfinder/ckfinder.js"></script>
<script type="text/javascript">
if ( typeof CKEDITOR == 'undefined' )
{
}
else
{
var editor = CKEDITOR.replace( 'editor1' );
editor.setData( '' );
CKFinder.setupCKEditor( editor, './ckfinder/' ) ;
}
</script>
</body>
</html>

赤て囲んだところが画像アップロードボタン。

制御部

データを保存するデータベーステーブルの構造は以下

--
-- データベース: `wysiwyg`
--
-- --------------------------------------------------------
--
-- テーブルの構造 `posts`
--
CREATE TABLE IF NOT EXISTS `posts` (
 `id` bigint(20) unsigned NOT NULL AUTO_INCREMENT,
 `editor` longtext CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci NOT NULL,
 KEY `id` (`id`)
) ENGINE=MyISAM ;
<?php
$url = "localhost";
$user = "root";
$pass = "root";
$db = "wysiwyg";
if (!empty($_POST))
{
$value = htmlspecialchars( $_POST["editor1"] );
$link = mysql_connect( $url, $user, $pass ) or die("MySQLへの接続に失敗しました。");
$sdb = mysql_select_db( $db, $link ) or die("データベースの選択に失敗しました。");
$sql = "INSERT INTO `wysiwyg`.`posts` (`editor`) VALUES ('".$value."')";
$result = mysql_query( $sql, $link ) or die("クエリの送信に失敗しました。");
mysql_close($link) or die("MySQL切断に失敗しました。");
}
?>

入力データはhtmlspecialcharsでHTMLエンティティに変換して登録しています。
表示する時はhtmlspecialchars_decodeで戻す。

※MySQLへのデータ登録機構についてはここでは詳しく説明しないので、分からなかったら調べてください。

投稿されたデータを表示するページの作成(view.php)

<?php
$url = "localhost";
$user = "root";
$pass = "root";
$db = "wysiwyg";
$link = mysql_connect( $url, $user, $pass ) or die("MySQLへの接続に失敗しました。");
$sdb = mysql_select_db( $db, $link ) or die("データベースの選択に失敗しました。");
$sql = "SELECT * FROM wysiwyg.posts";
$result = mysql_query( $sql, $link ) or die("クエリの送信に失敗しました。");
$rows = mysql_num_rows($result);
mysql_close($link) or die("MySQL切断に失敗しました。");
if($rows){
while($row = mysql_fetch_array($result)) {
$value = htmlspecialchars_decode($row['editor']);
echo $value;
}
}
?>

表示ページにおける注意点としては、wysiwygエディタ上の見た目と表示上の見た目が同じになるようにすること。
つまり、wysiwygエディタが出力するタグのスタイルを同様にあてるということ。

CKEditorのカスタマイズ

CKEditorのカスタマイズは公式ドキュメントを参考のこと:
CKEditor 4 Documentation

とりあえずツールバーだけカスタマイズしたい場合の参考記事:
CKEditorのツールバーカスタマイズメモ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24871
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24871