クスコ ソアラ UZZ40 ストリートシリーズ車高調 (レッド:スポーツ系モデル用) ストリート ゼロ

  1. カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン REGNO レグノ GRV2 サマータイヤ ● 225/55R17 KYOHO SEIN-SS ザインSS ブラック 在庫 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +38 5穴 114.3
  2. 株式会社シビルHOME
  3. 工法一覧
  4. 巨大岩塊固定工法

UZZ40 クスコ ストリート ソアラ ゼロ クスコ (レッド:スポーツ系モデル用) ストリートシリーズ車高調 ソアラ

※斜面勾配等により上限に変動があります

クスコ ステアリングセット ソアラ Sport UZZ40 ストリートシリーズ車高調 (レッド:スポーツ系モデル用) ストリート ゼロ

重量の大きな不安定岩塊に対してロックアンカーを設置し、岩塊上部の安定した斜面に設置したUBロープアンカーとをハンガー索で連結し、所定の緊張力を与えUBロープアンカーの引抜耐力で岩塊の滑動を抑止する工法です。

主な対策工と対応可能重量(目安)
除去工 ~7,000kN(約700t)
グラウンドアンカー工 1,000kN(約100t)~
接着工 -
ロープ掛工 ~500kN(約50t)
巨大岩塊固定工法 300kN(約30t)~

巨大岩塊固定工法の構造

  • ①ハンガー索

    ロックアンカーとUBロープアンカーをハンガー索で接続し上部方向に吊り上げ岩塊の落下を抑制します。

  • ②ロックアンカー

    対象岩塊に直接ロックアンカーを設置します。岩質によりロックアンカー長を変えることが可能です。

  • ③横ワイヤロープ

    横ワイヤロープで岩塊の拘束効果を高めます。(検討は落石対策便覧に準じて行います)対象岩塊や斜面形状により設置できない場合もありますが、その場合は横ワイヤロープを考慮しない検討も可能です。
    写真は横ワイヤロープを使用しない事例です。

  • ④連結金具・荷重分散金具

    ハンガー索とUBロープアンカーの接続には連結金具、ハンガー索とロックアンカーの接続には連結金具または荷重分散金具を使用します。

  • ⑤UBロープアンカー・横ロープアンカー

    UBロープアンカーは地盤の種類により3種類のアンカーを使い分けます。

    対象岩塊上部の安定した斜面にUBロープアンカーを設置します。
    地盤条件によって3種類から選択でき、幅広い適用が可能となっています。
    アンカー設置部に、抵抗板・抵抗ピンを併用することでアンカー頭部変位を抑制し。引耐力を発揮することができます。

    型式 地盤条件 削孔長 適用
    Aタイプ 土砂・砂礫・粘土質 4.0m超 孔壁が自立する場合は、単管削孔。自立しない場合は二重管削孔。
    SDタイプ 岩盤・砂礫 1.5m~4.0m 孔壁が自立しない場合のみ使用する
    PBタイプ 岩盤 1.4m 孔壁が自立する場合のみ使用する

巨大岩塊固定工法が採用される顕著な事例

比較される対策工の概要と課題(落石予防工を主体とした場合)

対策工 ①除去工 ②グランドアンカー工 ③ワイヤロープ掛工 ④接着工
概要

○不安定な浮石・転石を直接的に除去する方法。
○対象が硬質な場合、静的破砕剤を用いた実績が多い。
△対象が急勾配の斜面上部に有る場合、施工時の落下防止や運搬に掛かる仮設対策が必要である。
△除去した背面が不安定化する恐れもある為、別途処理が必要となる場合がある。

○大規模な不安定岩盤が起動しない様に基盤に定着させる方法。
○抑止力が1点に集中しない様、単体での対策は少なく、法枠工等と組合せることが多い。
△ボーリングマシンによる施工となる為、仮設備が大がかりとなる 。
△資機材が大掛かりになる為、山間部(奥地)での施工は困難となる場合が多い。

○格子状にしたワイヤロープや数本のワイヤロープを用いて、浮石・転石を覆い(巻付け等)、滑動や転倒を抑止する方法 17インチウィッシュ20系 ZグレードWEDS ヴェルヴァ スポルト ディープメタル 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 215/50R17。
○横ロープ本数を密に配置する事が出来れば、比較的大きな岩塊への対応も可能である。
△岩塊と周囲の地形状況によってはロープが上手く掛けられず抑止力が期待できない場合がある。
△恒久対策前の暫定構造物として取り扱う事が望ましい。( 落石対策便覧P257)

○亀裂性崩壊の高い岩塊の亀裂面を基岩盤と特殊接着系モルタルを用いて一体化を図り、安全性を向上させる方法。
○施工後の景観が殆ど変わらない事から、景勝地での実績が多い。
△基岩盤の無い転石には適さない。
△亀裂幅が小さい場合、目地工は施工可能であるが注入工が困難となる。

※上記は、巨大岩塊固定工法を比較検討する場合の主な事例です。

対策工① 課題

斜面が急峻で上方に有る場合、施工時の安全施工が困難である。浮石は除去後の背面が不安定化する恐れもある為、別途処理が必要となる場合がある。

解決策

巨大岩塊固定工は対象岩塊を直接吊上げる為、斜面が急峻でも対処が可能、振動も少なく安全施工も可能である。

対策工② 課題

ボーリングマシンを使用する為、資機材運搬の仮設備が大掛かりとなり、施工性や用地取得に課題がある。山間部(奥地)での施工は困難となる場合が多い。

解決策

巨大岩塊固定工は資機材が軽量で人力作業が主体の為。仮設備は軽微である。施工性が良く、山間部(奥地)など制約条件の多い現場は特に優位性が高い。

対策工③ 課題

現地条件によりワイヤロープの設置が困難となり、抑止力が期待できない場合がある。恒久対策前の暫定構造物として取り扱う事が望ましい。

解決策

巨大岩塊固定工は対象岩塊を直接吊上げる為、現地条件の制約が比較的少ない。恒久対策の永久構造物として取り扱われる。

対策工④ 課題

基岩盤の無い転石は適用が困難である トヨタ ハイエース VAN/WG用フロントガラス 車両型式:50/60/70系 年式:S.57.11-H.1.8 ガラス型式:RH50V ガラス色:グリーン。

解決策

対策工③で対策出来ない転石は、巨大岩塊固定工を適用する。

巨大岩塊固定工の耐久性は?

部材規格と耐用年数