>  > 【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-1 BLK] 巻取φ44 DUC 749/S/R([メッキ金具] FZ-1 08-12/FAZER 06-12/DUC 999/S/R 03-06) 【1068295】
【送料無料】エンケイ パフォーマンスライン PF01 16インチ 165/50R16 165/50-16 ワゴンRスティングレー タイヤ付き ホイール 組込・バランス調整 4本セット
HOME » エッセイ » バックナンバーリスト15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ピクシス ジョイ(LA250S、260S Sグレード)】WEDS ウェッズスポーツ SA-77R フォースブラッククリア 5.0Jx15Bluearth AE-01 165/55R15 » 桑原 繭 のエッセイ

【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-1 BLK] 巻取φ44 DUC 749/S/R([メッキ金具] FZ-1 08-12/FAZER 06-12/DUC 999/S/R 03-06) 【1068295】

【ACTIVE 08-12/FAZER BLK] DUC 03-06) アクティブ】 [ホルダー:TYPE-1 巻取φ44 スロットルKIT 749/S/R([メッキ金具] 999/S/R [ホルダー:TYPE-1 FZ-1 【1068295】 巻取φ44 06-12/DUC










グラース(Grasse) - 香水の町

香水で有名なグラースは、ニースからバスで1時間半程の山間の町。カンヌからは、数年前に鉄道も開通して、約25分の距離だ。

ニースからグラースへ

ニースからグラースへ向うバスは、海岸線を離れると 【新品】213131724 HKS ハイパーマックス マックス4 SP 80250-AF004 インプレッサ GDA 00/08-07/06 EJ20 ターボ トラスト企画、カーニュを超え、どんどん山道を上っていく。民家もまばらな南仏の田舎という風情。終点が、グラースのバスターミナルになる。

途中、ニース市内から空港を経由するグラース行きのバスは渋滞にはまり、予定より1時間くらい遅れて、終点グラースのバスターミナルに到着した。

観光スポット

 一番の目玉は、香水工場で使われる器具などや、アンティークの香水瓶の展示がある「国際香水博物館」。ところが 、ここは2年前から改修工事に入り、休館中。今年の秋にリニューアルオープンの予定だ。

 そこで カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 ENASAVE サマータイヤ 215/50R17 ENKEI PerformanceLine PF05 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5 +45 5穴 100、香水メーカー「フラゴナール」の博物館を見学することにした。ここにも、アンティークの香水瓶や器具などが展示されている。工場の見学も可能だが、既にエズで見ていたのでパス。他にプロヴァンス地方の民族衣装博物館が併設されており、そこには、ゴッホの絵でも有名な「アルルの女」たちが沢山いた(マネキン)。「フラゴナール」は直販店もあり、訳もなく客で混みあっていて、彼らの購買欲に刺激され、

【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-1 BLK] 巻取φ44 DUC 749/S/R([メッキ金具] FZ-1 08-12/FAZER 06-12/DUC 999/S/R 03-06) 【1068295】



※写真はイメージ画像になりますので、色や形状が異なる場合がございます。

、5種類の、香りを含ませたウェットティシューをお土産に買ってみた。

 石造りの町を散策し、教会を見学すると、概ね回り終えてしまった。中心部は小さな町だ。何かで、グラースは、年中 AP ブレーキディスク リア アウディ A7 3.0 TFSI QUATTRO 4GCGWC 2011年05月~2015年04月、バラやラベンダーなどの花の香りに溢れていると書いてあったが、この時期、旧市街に関しては、そんなことはない。花畑は中心部から離れているのだろうと思うが、見かけることはなかった。5月になるとバラ祭も開催されるようだ。全体的に小さな田舎町という印象。

グラースと香水の関係

グラースは、元々は皮革産業が盛んで、なめし皮の匂いを押さえるために開発されたのが香水。16世紀に KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツプラス1台分セット ホンダ フィット GK5 品番:WST5595AR/WST5595AL/WSB2164、オレンジの花の香りをしみこませ、皮の匂いを抑えた手袋が、ご婦人方の間で大流行した。その後、皮革産業は衰退したが、代わりに香水の製造が発展していった。ここの温暖な気候が、オレンジ以外にも、ミモザやラベンダー、バラなど、香水の原料となる植物の栽培に適していたようだ。現在では、グラースは世界的な香水の生産地で、その生産量は半分以上を占める。オリジナルの香りは、様々なブランドのラベルで売り出され、パリで活躍する調香師のほとんどがグラース出身ともいわれる。

調香師

フランスでは、ベルサイユに国立の調香師学校がある。政府の制度で、調香師には称号が与えられ、ル・ネ(le nez)と呼ばれ、その数は、世界でも2~300人しかいないそうだ(ネの意味は鼻)。うち、フランス国内で活躍しているのは、50人ほどだそう。香水界では、ル・ネは最高の権威を持つ称号となる。ほとんどの調香師は香水会社に所属していて、フリーランス、または、シャネルやゲランなどのブランド専属の調香師は、ほんの一握りになる。
 一流の調香師は、数百種類以上、数千種類ともいわれる香りを嗅ぎ分けることができるそうで、フランスでは N-ONE フロアマット【カロ】N-ONE JG# フロアマット クエスト リアゲート(荷室)のみ クールパープル、音楽家や画家などと同等の芸術家としてみなされている。労働時間は1日2時間で、嗅覚に影響する、酒・タバコ・香辛料は控えるそうだ。かなりストイックな生活に思える。

工場見学

フラゴナールのエズ工場では、香水の元になる代表的な花の紹介に始まり、先ずは、花の精油(エッセンシャル・オイル)を作る過程を見学した。金木犀で、400kgから抽出できる精油は、わずか1kg。ジャスミンでは、1トンから1kgしか取れない。
 抽出された精油を30~100種類組み合わせてひとつの香りを作っていくのが、調香師の仕事になる。

次に、石鹸の製造工程を見学。かわいい黄色のアヒル型の石鹸が、手動で型押しされて、どんどんできていくところが見れる。その後は、できた香水を瓶詰めするところ。当然だとは思うが、肝心の調香は、ここではやってないようだった。

香水メーカーによっては、

【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-1 ビガー BLK] 巻取φ44 CHIC DUC 749/S/R([メッキ金具] FZ-1 08-12/FAZER 06-12/DUC 999/S/R 03-06) 【1068295】

【ACTIVE アクティブ】 スロットルKIT [ホルダー:TYPE-1 BLK] 巻取φ44 DUC 749/S/R([メッキ金具] FZ-1 08-12/FAZER 06-12/DUC 999/S/R 03-06) 【1068295】

、自分でオリジナルの香水をつくる「にわか調香師」教室みたいなものもやってくれる。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-42291