>  > 【トムス/TOMS】 マフラー エキゾーストシステム・トムスバレル アルファード AGH3# などにお勧め 品番:17400-TAH30

« ツール・ド・草津に参加トップフューエル 【長納期商品】デミオ DW5W/3W カラードドアミラー ライトブルーミラー ロゴあり | Main | 自転車が2kg軽いと・・・ »

アルファード 品番:17400-TAH30 AGH3# などにお勧め 【トムス/TOMS】 マフラー AGH3# アルファード エキゾーストシステム・トムスバレル

ツール・ド・草津終了後、チームメイトのカーボンバイクに乗せてもらった。

乗ったのは、チーム内で唯一自分と同じTimeのペダルをつけているOzyさんの最先端マッシ~ン。 WilierLe Roi (ル・ロア(フランス語で「王様」の意))。フレーム重量が990gで、さらに Fulcrum の Racing Zero をはいているので、総重量7kgを切るのでは!というセッティング。

宿の横がちょっとした急坂だったので、そこでガシガシ踏んでみる・・・と [F101/R182] プロジェクトミュー(Projectμ) ブレーキパッド BESTOP 前後セット TOYOTA スプリンター トレノ 1600 91.6~ AE101(GTZ) 【エントリーでポイント5倍】145/80R13 75S TOYO TIRES トーヨー タイヤ SD-K7 エスディーケ-セブン CLAIRE MESH クレール メッシュ サマータイヤホイール4本セット YOKOHAMA ヨコハマ ice GUARD6 アイスガード ig60 スタッドレス スタッドレスタイヤ 165/60R15 MLJ XTREME-J エクストリームJ XJ04 ホイールセット 4本 15インチ 15 X 4.5 +43 4穴 100、スカスカ踏めてしまうのに、きちんと前に進んでいく。こいつはスゲェ。アルミのようなスパルタンな踏み心地ではなくて、ある程度の優しさも感じられる。擬音で表現すると、自分のMaster X-Light(クロモリ)が「グイ~ングイ~ン」というアナログな反応であるのに対して、Le Roiは「スパッスパッ」・・・というデジタルな感じ。
(参考までに、ロードじゃないけど街乗り用のクロスバイク(Louis Garneau RSR-4(アルミ))は「ガチ~ンガチ~ン」かな。)

もしこのバイクに乗っていたら、ヒルクライムの途中やラストでダッシュをかけたりするのが圧倒的に楽になるであろうことが容易に想像できる。
Master X-Light を買った時に、自転車屋さんの店長に「クロモリってどうなんですかねぇ?」と質問して、「レースで大事なのは反応性。クロモリのディスアドバンテージは、重いことよりも反応性の悪さ」みたいなことを教えられたことを思い出した。

我が Master X-Light も ミシュラン スタッドレス Xアイス 3 XI3+ 195/60R16 &セプティモ G01 DGP 16×6.5 114.3/5H + 48 セレナ CC25、曲がりなりにも(20年くらい前の)レースの機材だから、初めて乗ったときはその反応性(加速感)の気持ちよさに「うおぉ!」と唸ったものだ。
そう考えると、ロードバイクの進化ってのは、ある程度の乗り心地をキープしながら、反応性や軽さを求めてきたんだなぁ、と考えて勝手に納得。BB周りの剛性とか、

【トムス/TOMS】 マフラー エキゾーストシステム・トムスバレル アルファード AGH3# などにお勧め 品番:17400-TAH30
ソアラ(91.5~01.4)UZZ30/UZZ31 ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■!GF インプレッサワゴン フロントパイプ【シムスレーシング】インプレッサ(GF) A~G Mキャタ付 フロントパイプ AT.DAD ギャルソン フロントテーブル スクエアタイプ ベガパターン ローレルデザインロゴ ロイヤルウッド N-WGN JH1/2,【送料無料】 DUNLOP ダンロップ ウインターマックス 02 WM02 215/70R16 16インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル M71 6.5J 6.50-16【DUwin19】

【トムス/TOMS】 マフラー エキゾーストシステム・トムスバレル アルファード AGH3# などにお勧め 品番:17400-TAH30

、フレームのしなりとかが絶妙に計算されて SITTA シッタ リアスプロケット カラー:レッド 丁数:48 Bandit 1200 GSF1200、それぞれのフレームの個性になっているわけだ。

以前はるひびさんの LOOK 565 に乗せてもらったときは、いい加減な靴で平地を適当に走っただけなのでよく分からなかったけれど、ちゃんとしたカーボンバイクはレース用の機材として圧倒的に優れているんだなぁ、ということを体で実感してしまった。

**

・・・とはいえ、足があるうちはいいけど、力が出せなくなってきたときにはキツいだろうなぁ~とか、チューブが太いのはイヤだなぁ、とか、やっぱりホリゾンタルが好きだなぁ・・・とか、色々考え出すときりがない。結局の所、「自転車に乗ってる感じ」をより楽しめるクロモリフレームは、レース機材としては劣っていても、自分の趣味にはあってるなぁ 、と改めて感じた。

気に入ったバイクでどこまでやれるか。
やれるとこまでやってみよう。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13834